平屋のデメリット?

2021/08/06
SIMPLENOTEブログ

家の基本は『平屋』なのですが、実際に建っているお家のほとんどは、平屋ではなく2階建てです。そこで今回は、なぜそうなってしまっているのかを考えていきたいと思います。

 

✔平屋の懸念点

 

その1:値段が高い・・・

 

これが1番の理由ではないでしょうか?住宅会社に行くと、当たり前のように❝平屋は高いですよ~❞と言われますからね。

 

その2:土地が広くないと建てられない・・・

 

1と同時に考えてしまう懸念点ではないでしょうか?実際に住宅会社や不動産屋からそう言われて諦める方も数多くいらっしゃることでしょう。

 

その3:2階建ての家に囲まれていると、家の中が暗くなる・・・

 

こう思ってしまうのも無理ないですよね。実際、光の採り込み方に工夫しなければ、周囲の建物に光を阻害されてしまい、家の中が暗くなってしまいます。

 

✔懸念点の解消法

 

このような平屋に対する懸念点は、全て家づくりの進め方によって解決出来ることです。

 

まず平屋は高いという認識、確かに間違いではありません。しかし、不要だと思うところや、無駄だと思うところを削り、コストをカットすることによって簡単に解決します。つまり、必要なところはしっかりと残しながら、家をコンパクトにするということですね。

 

例えば、2階建ての場合、基本的に1階に和室・2階には子ども部屋と寝室をつくろうとしますよね。平屋の場合は、全ての部屋が1階にあるため、常時使うことのない子ども部屋を和室代わりにすることで、部屋数を減らすことが出来ます。

 

また、2階建ての場合、どうしても2階に廊下がたくさん出来てしまうのですが、平屋にすれば廊下もカット出来ますね。

 

部屋の広さも大切です。子ども部屋も寝室も、基本的にはただ寝るだけの部屋ですよね。だとしたら、そんなに広くつくる必要ありませんよね・・・?

 

これらを積み重ねることで、2階建てと同じくらい、あるいはより安い価格で平屋を建てることが出来ます。

 

さらに、家がコンパクトになるということは、土地も小さく出来るということです。50~55坪くらいの土地があれば平屋を建てることが出来ますからね。

 

つまり、一般的な分譲地でも、充分平屋を建てることが出来るというわけです。

 

しかし、土地が小さくなった場合、より懸念されるのが、❝家が暗くなるんじゃないか❞という点ですよね?

 

この答えに関しては、『日当たりが良い土地を買う』という結論しかないように思われがちですが、それは正しい考えではありません。

 

どれだけ日当たりが良くても、カーテンを閉めないと家の中が丸見えになってしまうようでは、視線を遮ると同時に光までカーテンによって閉ざしてしまうからです。

 

この正しい答えは、『土地に合わせて設計する』です。

 

つまり、家の中が丸見えにならないようにしつつ、光を確保するにはどうすればいいかを考えるべきだということですね。

 

これが出来れば、土地の良し悪しに関わらず、どんな土地にも明るく開放的な家【平屋】を建てることが出来ます。たとえ周囲が家に囲まれていようとも。

 

ということで、世間一般で言われている平屋の懸念点は、ほぼ全て設計によって解決可能であるということをご理解いただいた上で、今後の家づくりを進めていっていただければと思います。