実生活のことまで考え抜かれた間取りとは…?

2020/04/12
SIMPLENOTEブログ

先回ご紹介したお家についての第2段です。

この家はいわゆる狭い敷地、❝狭小地❞にたてられたお家です。

❝狭小地❞と呼ばれる30~35坪ぐらいしかない土地で家を建てる場合、必ずと言っていいほど2階建て計画になることが多いと思います。

 

1階には、リビングダイニングキッチンと水回り・2階には、寝室と子供部屋が配置されるのですが、このようなお家で起こりやすい失敗は、

 

✔少しでも多くの光が採り込めるような窓をつくったものの、家の中が丸見えになってしまい、カーテンが開けられず、逆に家の中が薄暗くなってしまった・・・

 

✔収納場所が必要なところにつくれず、片付けにくく、掃除のしにくい家になってしまった・・・

 

✔洗濯をする時の、干す→取り込む→たたむ→片付ける、の全ての流れを考えた動線でつくっていないため、実際住んでみて初めて、動線が悪く不便ということに気付いてしまった・・・

 

などが挙げられます。

ですので、光の採り込み方、収納のつくり方、家事動線のことまでも、実生活のことを考えながら、間取りをつくるようにしなければならないのです。

 

 

景観にも配慮した理想的な動線

 

このお家のように、実家の隣に建っていた古い家を取り壊し、建て替えをしたこちらの住まい。

狭い土地で、「ここに家が建てれるの?」と疑問に思うほどでしたが、このような敷地条件でも、洗濯の一連の作業が楽になる動線を考えた間取りをご提案させていただきました。

 

このお家は、接道が南にある土地なので、1階の一番北に水回り・2階の一番南にベランダ、という間取りをつくってしまいやすいです。

 

しかし、そのような間取りでは、水回りは薄暗くて寒くなってしまいます。さらには、脱衣室から一番遠いベランダまで、重たい洗濯物を持ち運ばなければいけないのです。

 

これでは、歳をとるに連れ、だんだんと辛くなってしまいます。

 

ですので、1階で洗濯作業の全てを済ませることが出来る間取りとさせていただきました。

 

まず、洗面脱衣室は南向きに、窓の向こうには、洗濯物が干せるデッキをつくらせていただきました。

 

こうすることで、晴れた日は、洗濯機から少し歩くだけで、太陽が当たる場所に洗濯物が干せます。

雨の日や花粉の飛ぶ時期には、洗面脱衣室に室内干ししておくことが出来ます。

 

また、そのデッキへは、リビングからも出られるようにしてあるため、乾いた洗濯物を、スムーズにリビングに取り込むことが出来ます。

 

さらに、ファミリークローゼットをリビング近くにつくり、乾いた洗濯物をそのまま吊るしておけるようにしました。

 

もちろん、洗濯物を干すデッキは、周りから見えにくい場所に目隠しをしてつくってあるので、家の景観を損ねることなく、美しいまま維持出来ます。

 

いかがでしょうか?

 

理想的な動線で、景観にも配慮された住まいになっていると思いませんか?