平屋は『金持ちの家』『広い敷地が必要』という思い込み

2019/12/24
SIMPLENOTEブログ

平屋は予算にゆとりがある人が建てる家であり、予算にゆとりがない人は2階建てにすべきであるという思い込みがありますが、この考え方は、むしろ真逆の考え方であり、実際は、予算にゆとりがない方ほど平屋にすべきだし、2階建ては予算にゆとりがある方にオススメです。

というのも、予算にゆとりがない状態で2階建てにしようとすれば、1階に部屋や収納が充分につくれなくなり、片付けしにくくなってしまったり、使い勝手が悪くなってしまうからです。

また、そのしわ寄せは将来にもやってきます。1階に部屋や収納をつくらざるを得なくなってしまい、その工事に大切な老後資金を費やすことになるからです。

つまり、予算にゆとりがない状態で2階建てを建てると、ただ住みにくいだけじゃなく、将来さらなる出費を招きかねないというわけなんですよね。

*50坪の土地にも平屋は建つのか?

駐車場を4台分確保しながら平屋を建てようと思えば、土地の広さは、55坪ぐらいは必要かな?と思います。

しかし、駐車場が2~3台でよければ、たとえ50坪の土地であったとしても、充分ゆったりとした平屋を建てることができます。

そして、この場合の家の広さがどれくらいかというと、広々としたLDKに2人分の子供部屋と寝室、それからモノが部屋に溢れないぐらいの大容量の収納、さらにこれに加えて中庭もつくることができるんですよね。

しかも、このような家を建てた場合、さらなる2つのメリットがあります。

*メリットその1:外構費用がとっても安い

無駄な余白を残すことなく敷地を有効に利用して家を建てるようにすれば、庭の工事をする面積が必然的に少なくなります。そしてその結果、外構工事費用が安くなります。

おそらく、車の駐車場にコンクリートを打って、それ以外全て砂利を敷いたとしても、おそらく外構工事費用は50~60万円ほどではないでしょうか?

メリットその2:庭の手入れが楽になる

そして、もう1つのメリットが、庭の手入れに手間がかからなくなるということです。なんせ砂利を敷いている家の周囲だけ草刈りをしたら済みますから、めちゃくちゃ楽です。

このほか、土地が小さくて済めば、ずっと払っていく固定資産税も安くなります。また、家も小さくできれば、同じように固定資産税が安くなるし、これに加えて電気代も安くなります。

そして、冒頭でご説明させていただいたように、無駄な増築費用を将来捻出する必要もなくなります。

ですから、自分には平屋は無理とあきらめてしまったり、そもそも平屋という選択肢をなくしてしまわないように気を付けていただければと思います。

詳しい内容はセミナーで