子供部屋の選択肢

2019/12/19
SIMPLENOTEブログ

シンプルノートでは、子供部屋を1階につくることを推奨しているのですが、その理由は、そうする方が、デメリットに比べて遥かにメリットが多いからです。

*子供部屋を1階につくるデメリット

子供部屋を1階につくった場合、子供たちが思春期になった時、子供たちのプライバシーを確保してやりにくくなります。

また、子供部屋がリビング、ダイニングに接している場合、音が気になる方もいらっしゃいます。一般的には、子供たちの方が先に寝るので、夜リビングでテレビが見にくくなってしまうのではないか?という感じですね。

*子供部屋を1階につくるメリット

・リビングが散らかりにくい

まず、1つ目のメリットは、リビングが散らかりにくくなることです。というのも、リビング、ダイニングに散乱する荷物のほとんどは、子供たちのモノだからです。

2階に子供部屋をつくった場合、子供たちは自分の部屋にいつも使うモノを持っていきません。いちいち階段を上り下りするのが面倒くさいからです。

結果、パジャマ、学校道具、塾道具、おもちゃ、制服といった、常時使うものは間違いなくリビング、ダイニングに置きっぱなしになります。

そして、リビング、ダイニングが雑然とした状態になります。また、キレイに片付かないどころか、モノにあふれたリビング、ダイニングは、掃除さえもしにくくなってしまいます。

その点、子供部屋が1階にあると、それらの荷物を自分の部屋に持っていきやすくなります。結果、リビング、ダイニングをスッキリ保ちやすくなるし、モノがないため、掃除もしやすくなります。

・子供のモノをいちいち片付ける必要がない

小さな子供は、散らかすことが仕事のようなものです。あなたが、どれだけ片付けても、すぐにまたどんどん散らかしていってくれます。それがリビング、ダイニングなら毎日根気よく片付けをし続けないといけませんが、それがリビング、ダイニングでなく、子供部屋ならいちいち子供たちが散らかしたおもちゃを片付ける必要はありません。つまり、1階に子供部屋があれば、そこは子供たちが小さいうちは、子供のモノの収納となり、また、子供たちのリビングとして使える空間となるわけです。

・無駄なコストを大幅にカットできる

親御さんがいつでも泊まれるように、和室をつくりたいとおっしゃる方がいます。しかし、和室をつくれば、200万円前後のお金がかかることになります。

その点、子供部屋を1階につくると、和室をつくる必要がなくなります。子供部屋は、子供が小さいうちは寝室として使ってないからです。

つまり、親御さんが泊りにきたら、子供部屋で寝てもらえばいいため、そのためだけに和室をつくる必要がなくなるというわけです。親御さんが泊まるのは子供たちが小さいうちだけですからね。

・安心して友達を呼びやすい

ママ友が子供を連れて家に遊びに来た時、子供部屋が2階の場合、子供たちのことが気になって、ゆったりくつろげないのではないでしょうか?

その点、子供部屋が1階にあれば、ダイニングで、ママ友とおしゃべりしながら、隣の部屋で遊んでいる子供たちを見ていられるので、安心しておしゃべりを楽しむことができます。また、子供たちも、お母さんの気配を感じながら遊べるので、安心して遊べるようにもなりますよね?

・老後もずっと住みやすい

家を建てる時は、まだまだ健康だし、身体が悪くなることなんて想像できないため、どうしても今のことだけを考えて家を建ててしまいます。しかし、誰しも同じように歳をとるし、もしかしたら、将来、膝や、腰が悪くなってしまうかもしれません。そして、膝や腰が悪くなれば、2階の部屋は一切使わなくなってしまいます。それゆえ、できるだけ2階は少なくすることが望ましいのですが、仮に1階に子供部屋をつくっておけば、その部屋を将来の自分たちの寝室として使えるようになります。いずれは、子供たちは家を出ていき、夫婦だけになる可能性が高いからです。

もし、将来1階に部屋が不足すれば、増築せざるを得なくなってしまいます。そして、そのために500万円以上もの出費が必要となってしまいます。

あるいは、その費用が捻出できないのであれば、使いづらい家に住み続けなければいけなくなってしまいます。

いかがでしょうか?

多くの方が、人数が最大のときのことを考えて間取りを考えてしまうため、面積もコストも大きくなってしまいますが、将来は、夫婦2人だけになる可能性が高いため、実際は、それを視野に入れつつ間取りを考えるようにすべきです。

結果的に、それがコストのカットにもつながるわけですし、掃除や管理の手間のカットにもつながるわけですからね。

ですから、将来、金銭的にも時間的にもより豊かなセカンドライフを実現するためにも、子供部屋のつくり方について今一度、夫婦でしっかり話し合っていただければと思います。