洗濯動線について考えてみる

2019/12/06
SIMPLENOTEブログ

共働きが当たり前となってきた現在、いかに家事にかかる手間や時間を短縮できるか、ということは、家づくりで大切なことの1つではないでしょうか?              

例えば、洗濯は毎日の作業ですが、一連の流れをすべて考慮して動線を考えたかどうかで、作業効率がかなり違ってきます。                            

また、たとえ歳をとっても、洗濯もずっとやり続けないといけないことなので、今の状況だけを考えた動線ではなく、ずっと先まで見据えた動線にしておく必要があります。

こんにちは。飯田和也です。

一般的に、キッチンと洗面脱衣室が近いことを、家事動線が良いと言われていますが、実際はそれだけで家事動線がいいわけではありません。なぜなら一連の作業をすべて網羅していないからです。では、洗濯の一連の流れを詳しく見ていきながらどうすれば良い動線が出来上がるかを考えてみましょう。

*2階のベランダに干す場合

洗濯機の中から濡れた重い洗濯物を長い距離持ち運びをするのは、なかなかの重労働ですが、もし洗濯干し場が2階のベランダだとしたら、洗濯機から最も遠い場所に干しにいかなければいけないため、これを毎日すると、かなり大変ではないでしょうか?

若いうちはまだしも、歳をとってから辛くなるのがこの動線です。今は想像できないかもしれませんが、足腰が弱ってしまったとしたら?それでも我慢して2階へ上がるか?お金を出して洗濯干し場を1階に増築するか?このいずれかを選択せざるを得なくなってしまいます。

また、ベランダで洗濯物を干す場合、洗濯物が周囲から丸見えになってしまうことから防犯的に決してよくないこと、そしてせっかくの美しい外観を損ねてしまうことにもなります。

*キッチンや洗面の勝手口から外に出て干す場合

2階のベランダまで干しに行くのが面倒だからと、キッチンや洗面に造った勝手口から出たところに洗濯干し場をつくり、そこに洗濯物を干しているお家も数多くあります。

これは、ベランダに比べて動線が近くなることから、動線としては一見便利そうに感じますが、完全に外に出て洗濯を干すようになるので、干す、取り込むの作業が意外に大変だったりします。まず、洗濯物を干しているとき、けっこうな時間、外に居ることになるため、暑い夏や寒い冬は、なかなか辛い作業となります。

そして、この動線の場合、一番気になるのが作業中ご近所さんと顔合わせしてしまうことです。結果、パジャマやノーメイクのままで洗濯物を干したり、取り込みに行きにくくなってしまうため、いちいちキレイに身支度しないといけなくなってしまうというわけですね。

*洗濯動線は一連の動作すべてを考えてつくる

洗濯動線を考えるとき、『干す~取り込む~たたむ~片づける』の一連の流れを全てを考慮することが大切です。

洗濯機からより近い場所で洗濯物が干せて、かつ、室内から手を伸ばせたら洗濯物が干せて、そして取り込むときも室内から手を伸ばせたら洗濯物が取り込めて、かつ、すぐ近くに洗濯物の置場があって、たたんだ洗濯物を片付ける収納が近くにあって、かつそこには管理しやすく片付けることができて、その一連の動作を人目を気にすることなくできればこれが最良の動線ではないでしょうか?

また、なるべく洗濯物を周囲から見えない場所で干すことができれば、防犯的にも景観的にも言うことはないですよね?

家づくりでは、以上のことも踏まえながら間取りを考えていただけると良いと思います。

それでは・・・・